お知らせ : 【職員研修】腰痛予防研修会を行いました★
投稿者: iizuna_shakyo 投稿日時: 2019-11-22 15:46:02 (57 ヒット)

「ボディメカニクス〜持ち上げない介護〜」と題した職員研修を行いました。
ボディメカニクスとは、「Body=身体」と「Mechanics=機械学」の造語で、『人間が動作をするときに骨や筋肉、関節が相互にどう作用するか』といった考え方の総称を指します。

腰痛などをはじめとする身体的な負担は、介護現場における離職原因の大きな要因であると考えられています。

今回は、長野県介護福祉士会の荒井祥子氏を講師に迎え、腰痛予防のための持ち上げない介護のポイントを学びました。



両足を広げて膝を深く曲げ、腰を低く落とす「御嶽海のポーズ」をとりながら動作を行うことが基本!
安易に腰をねじらないことも大事です。





職員自身の身体を守ることは、利用者さんの自立を支援することにもつながります。

これからも、職員が長く健康で働くことが出来るような職場を目指していきます★

【飯綱町社会福祉協議会 事務局】
TEL:253−8456 FAX:253−2907

印刷用ページ このニュースを友達に送る